CDP「INTEGRAL-CORE」とDSP「Logicad」が接続、より精度の高い広告配信が可能に

INTEGRAL-COREに蓄積した顧客の属性データや行動データを元にセグメントを作成し、Logicadで効果的な広告配信を行えるように

EVERRISEは、同社の提供する顧客データプラットフォーム(CDP)の「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」が、ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad(ロジカド)」と接続を開始したことを6月28日に発表した。

これにより、INTEGRAL-COREに蓄積した顧客の「属性データ」「購買データ」「行動データ」といった1st Partyデータを元にセグメントを作成し、Logicadで効果的な広告配信を行えるようになった。

また、3rd PartyデータをINTEGRAL-COREの1st Partyデータと掛け合わせたセグメントも作成できる。

これらの機能によってマーケターは、より精度の高いターゲティングを設計して広告を配信できるようになる。そのため、ターゲットセグメントごとに響くクリエイティブを設定して反応を増やしたり、適切なセグメント設定で効率の良い広告配信を行ったりできるようになる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]