アウトブレインがIASとパートナーシップ、ブランドセーフティソリューション提供

企業が実施するデジタルキャンペーンが適切なコンテンツに掲載されるよう管理可能

コンテンツレコメンデーションサービスの米国Outbrainの日本法人、アウトブレインジャパンは、広告効果測定の米国インテグラル・アド・サイエンス(IAS)とパートナーシップ提携を結んだ、と6月29日発表した。アウトブレインの利用者にIASのブランドセーフティソリューションの提供が可能になった。

ブランドセーフティは、広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを損なうリスクと、リスクへの対応を意味する。パートナーシップ提携によってアウトブレインのユーザーは、自社が実施するデジタルキャンペーンが適切なコンテンツに掲載されるように管理でき、透明性を持たせられるようになる。

アウトブレインは日本で2014年4月にサービスを始めた。世界ではCNN、Time、Fox News、Le Mondeをはじめ、著名な媒体社が採用し、月間2750億回以上のコンテンツレコメンデーションを提供する。IASは測定とアナリティクスの世界的企業で、検証・最適化・アナリティクスソリューションを構築している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

エスノグラフィックリサーチ
民族誌学的アプローチによる調査のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]