NTTレゾナントが「goo旅行」でAIが対話から気分を察して旅選びを支援するサービス開始

「goo」の複数のデータベースをディープラーニングしてさまざまな旅行のプランを提案

NTTグループでポータルサイト・EC・ソリューション事業のNTTレゾナントは、同社が運営するポータルサイト「goo」の旅行比較サイト「goo旅行」で、人工知能(AI)が対話を通じてユーザーの気分を察して旅選びを支援するサービスを9月20日に始めた、と同日発表した。旅行先が決まっていなかったり、何となく考え始めたりした層にAIが旅を提案する。ユーザーとの対話データに加え「教えて!goo」「gooブログ」「goo旅行」「goo地図」など位置情報を含むgooの複数のデータベースをディープラーニング(深層学習)した。

AIはユーザーに対して「今の気分は?」に始まり、気分や希望を細かく尋ねる。ユーザーは文章を自由に入力するか、例示される気分や希望を選択してAIに伝える。AIはユーザーの回答に応じ、ユーザーをさらに知るために文脈に沿って質問。これを繰り返す過程でAIがユーザーの旅行の希望や本当にしたいことなどを探り、対話で得たユーザーの気分に合わせてさまざまな旅行プランを示す。プランは、教えて!gooやgooブログのソーシャル情報をマッチングさせて提案する。気に入ったプランが見付かるまで何度も対話できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]