Geolocation Technologyが指定業種にバナー広告を配信する「業種バナージャック」開始

IPアドレスを解析してユーザーの属性を特定する独自技術「IPジオロケーション」活用
よろしければこちらもご覧ください

ウェブマーケティング支援のGeolocation Technology(ジオロケーションテクノロジー)=旧サイバーエリアリサーチ=は、指定した業種からのアクセスに限定してバナー広告を配信するBtoB(企業間取引)向けの新サービス「業種バナージャック」を9月19日に始めた、と同日発表した。IPアドレスを解析してユーザーの属性を特定する独自技術「IPジオロケーション」を活用した。業種を絞ったユーザーに広告を配信することで、マーケティングの費用対効果が高められる。

IPジオロケーションは、インターネットユーザーの位置情報や企業情報などをIPアドレスから特定する技術。今回これを生かし、従来難しいとされた業種別の広告配信を実現した。14種類の細かなターゲティングが可能になる。例えば運輸業の場合、医療業向けに医療器具関連の物流ソリューション、建設業に屋根やシステムキッチンなど建築部品の物流ソリューションの広告が配信できる。表示回数の目安12万回、配信期間約2週間で12万円(税別)=表示1回1円=となる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ブランドセーフティ
広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]