データエクスチェンジコンソーシアム、入手可能な官民データの一覧サイト「現代日本データカタログ」公開

一覧サイトの公開と同時に編集部による掲載情報の募集、作成、登録を開始
岩佐 義人(Web担 編集部) 2017/1/12 18:07

プログラム開発・運用のデータセクション、デジタルコンサルティングのデジタルインテリジェンスが主催するデータエクスチェンジコンソーシアム(DXC)は、会員企業限定で運用していたデータカタログサイトをリニューアルし、「現代日本データカタログ」と名付けて一般公開した、と1月11日発表した。公開と同時に編集部による掲載情報の募集、作成、登録を開始する。

現代日本データカタログは、入手可能なデータをできる限り網羅し、一覧性の高いカタログとして整備することがDXCのテーマであるデータエクスチェンジ(データ流通・取引)普及の第一歩であるとし、公開することにした。今回公開するWebサイトは、企業や研究組織、行政機関が持つデータを厳選して目録化した「データの図鑑」となることを目指す。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ユーザーエージェント
ブラウザがWebサーバーにデータを取りに行く際にサーバーに対して自動的に通知して ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]