DACが新たなターゲティング広告やマーケソリューションをエブリセンスジャパンと開発

DACのDMP「AudienceOne」にIoTから取得される位置情報・稼働状況・制御情報などを付加

インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、IOT(モノのインターネット)関連の研究開発を行うエブリセンスジャパンとともに、新たなターゲティング広告商品やマーケティングソリューションを開発する、と10月25日発表した。エブリセンスが開発した生活者のデータ収集プラットフォーム「情報交換市場サービスEverySense」と、DACのDMP(データマネジメントプラットフォーム)「AudienceOne」を接続。DACが保有する生活者のオンライン行動データと情報交換市場サービスEverySenseのデータを合わせる。

情報交換市場サービスEverySenseは生活者や、生活者からデータ提供を受けている企業から、センサーやウエアラブルデバイス、アプリなどを通じて生活者の許諾済みデータを収集している。データの利活用を希望する企業は、位置情報や購買情報、温度・湿度情報などのデータを匿名化した状態で取得できる。DACは、情報交換市場サービスEverySenseに参画し、IoTから取得される位置情報・稼働状況・制御情報などのデータをAudienceOneに加え、解析することでターゲティング広告商品やマーケティングソリューションの開発を推進する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]