日経リサーチの「企業ブランド大賞2016」でヤマト運輸が580社の中で総合評価トップ

グーグルが社会の変化に対応、セイコーが品質力で躍進、ダイソンが違いを実感で大賞

マーケティング調査・コンサルティングの日経リサーチは、「企業ブランド大賞2016」の6企業ブランドを選定し、10月26日発表した。総合評価はヤマト運輸となった。物流への注目が集まる中、長年優良なブランド経験を与え、eコマースで消費者との接点が増えていることなどが評価された。企業ブランド大賞2016は、580社を対象に6、7月に実施した企業ブランド価値調査「日経リサーチ ブランド戦略サーベイ2016」の結果に基づいて候補を抽出し、学識者で構成する審査委員会が選んだ。

総合評価1位のヤマト運輸のほか、グーグルが社会の変化に対応、 セイコーが品質力で躍進、キーエンスが働く人の支持上昇、サントリーグループが水と緑を守る、 ダイソンが違いを実感--のそれぞれの分野でトップとなり、大賞に選定された。グーグルは人工知能(AI)への取り組み、セイコーは中価格帯での努力、キーエンスはIoT(モノのインターネット)の潮流に乗っている点、サントリーグループは水を守る一貫した活動、ダイソンは他社と明確に異なる商品展開--が認められた。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]