2015年度企業別CM好感度ランキングでKDDIが2年連続トップ、「三太郎」シリーズが好評

CM総合研究所、順位を上げた「躍進企業」はサンヨー食品、「効率企業」はTOTOが首位に
よろしければこちらもご覧ください

CM関連調査・研究、コンサルティングのCM総合研究所は、2015年度(2015年4月~2016年3月)の企業別CM好感度ランキングを4月15日発表した。好感度トップの企業「ベスト・アドバタイザー」は2年連続でKDDIだった。auブランドの携帯電話サービスの「三太郎シリーズ:スーパ-カケホ鬼、登場」などが好評だった。前年度に比べて順位を大きく上げた「躍進企業」はサンヨー食品、放送回数に対する好感度獲得効率が最も高い「効率企業」はTOTOが首位だった。

ランキングは2015年度にCMを放送した全1997社を対象にした。好感度第1位のKDDIは桃太郎、浦島太郎、金太郎の三太郎シリーズを中心に56作品をオンエアした。かぐや姫や鬼を交えたユーモラスなやりとりが年間を通して支持を獲得した。2位はソフトバンク、3位は日本コカ・コーラ、4位はサントリー食品インターナショナル、5位は花王で、代表作品はそれぞれ「白戸家:岡山」「公園施設点検員」「宇宙人ジョーンズ:プレミア京都」「期待してなかった女」。

躍進企業のCM好感度トップのサンヨー食品は、前年の187位から59位になった。インスタントラーメン「サッポロ一番」のCMが受けた。2位は363位から91位に上げた大東建託、3位は221位から96位のソニー損害保険だった。躍進企業はCM好感度で総合200位以内に入った企業のうち、前年度の好感度を上回り、総合順位が100ランク以上伸びた企業などとなる。効率企業第1位のTOTOは、菌の親子が登場するトイレ「ネオレスト」のCMが話題になった。2位はKDDI。

CM総合研究所
http://www.cmdb.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]