トライベックの「HIRAMEKI XD」がDACの「AudienceOne」と3rdパーティデータ連携を開始

連携オプション提供、HIRAMEKI XDのデータにAudienceOneの推定データをひも付けて活用
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング支援事業のトライベックは、同社のマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI XD」が、デジタル広告・マーケティング事業のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)が提供するDMP(データマネジメントプラットフォーム)「AudienceOne」と3rd(サード)パーティデータ連携を始めた、と3月16日発表した。連携オプションを展開する。

HIRAMEKI XDは今回、AudienceOneの3rdパーティデータ提供サービス「AudienceOne Discovery」と連携した。HIRAMEKI XDでトラッキングしている匿名加工されたユーザーデータに、AudienceOneが保有するユーザー属性、興味関心、ライフスタイルなどの推定データをひも付けられるようになる。付与されるデータは、匿名顧客の分析や配信のセグメント条件に活用できる。

サービス概要

HIRAMEKI XDは会員、商品、購買履歴データがインポートして使えるため、自社データを持つ企業は、AudienceOneのデータを生かした詳細なマーケティングが可能になる。この連携オプションは、HIRAMEKI XDとAudienceOneを導入している企業がAudienceOne Discoveryを申し込むことで使える。オプションの料金はかからないが、AudienceOne Discoveryの利用料が必要。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドロップシッピング
商品の在庫や仕入れなしに消費者から注文を受け、メーカーやドロップシッピング専門事 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]