アクセンチュアがNTTコムのAIサービス「COTOHA」の国内展開で協業、提案活動を推進

企業のコンタクトセンターや店頭の問い合わせ対応業務などの分野で一貫サービス提供
よろしければこちらもご覧ください

コンサルティングのアクセンチュアは、NTTコミュニケーションズ(NTTコム)が10月31日に提供を始める人工知能(AI)サービス「Communication Engine “COTOHA(コトハ)”」の国内展開で同社と協業する、と10月24日発表した。企業のコンタクトセンターや店頭での問い合わせ対応業務などの分野でCOTOHAの提案活動を推進するとともに、導入から運用までの一貫サービスを提供する。

COTOHAは、自然な会話によるコミュニケーションを通して人の意図を理解し、最適な回答が提示できるSaaS(インターネットを介して必要な機能を利用する仕組み)で、NTTグループの日本語処理技術と、IT自動化サービスの米国IPsoftが持つ先端のAIプラットフォームを組み合わせた。業務の自動化によって人手不足の解消やコンタクト業務の多様化など企業の課題の解決につなげる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]