NTTドコモがNHNテコラスとECで協業、人工知能によるウェブ接客をNHNテコラスに提供

ドコモの購買支援「ecコンシェル」とNHNテコラスのショップ構築「CARTSTAR」を連携
よろしければこちらもご覧ください

NTTドコモは、コマース支援事業のNHNテコラスとEC分野で協業する、と9月13日発表した。ドコモの人工知能を使った購買支援システム「ecコンシェル」と、NHNテコラスのクラウド型ネットショップ構築サービス「CARTSTAR(カートスター)」を連携させ、CARTSTARを利用するEC事業者へのウェブ接客機能の提供を同日始めた。サイトを訪問する顧客に向けて行動に応じた販促施策が自動的に展開できるようになり、購買率やサイトへの再訪問率の向上を図る。

ecコンシェルは、サイト内のアクセスログや購買履歴などさまざまなデータの解析結果に基づき、人工知能を活用してキャンペーンやクーポンなどの販促策を自動で可能にする。CARTSTARはecコンシェルとの連携によって、初めてサイトを訪問した顧客に初回限定のキャンペーンやクーポンを提示したり、顧客のカート内の合計金額で送料を無料にする案内を示したりすることが可能になる。CARTSTARはこれまで初訪問顧客への接客の自動最適化はできなかった。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]