日立製作所がAIを使って購買単価や購買率を高める「顧客ロイヤルティ向上サービス」開始

小売り・流通業や消費財メーカー向け、AIの分析に基づいてマーケティング施策候補を提案

日立製作所は、自社の人工知能(AI)「Hitachi AI Technology/H」を使って購買単価や商品購買率を高めるマーケティング施策立案が可能な「顧客ロイヤルティ向上サービス」の販売を10月27日に始める、と10月24日発表した。小売り・流通業や消費財メーカー向けとなる。顧客の趣味・好みや購買単価などさまざまな軸で顧客や商品の属性を詳細に分析してマーケティング施策のターゲットを明確化し、AIを活用した深い分析で施策候補を具体的に提案する。これによって、顧客からの企業・商品ブランドやサービスへの信頼や愛着心を意味する顧客ロイヤルティを高める。

Hitachi AI Technology/Hが、購買履歴や過去の販売施策、購買チャネル、アクセスログなどの膨大なデータを分析し、設定したKPI(重要業績評価指標)が最大になる顧客の購買行動パターンを抽出。それを基に施策の候補案をまとめる。企業はマーケティング部門の負担がなくAIによる膨大なデータの分析結果が活用でき、効果的な施策の立案・実行が可能になる。今後はこのサービスと商品発注システムなど他システムとの連携を進め、小売り・流通業、消費財メーカーの企業活動全般を支援する。さらに、複数の企業間でのマーケティング活動や商品供給の最適化も図る。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]