米アドビが消費者認識ネットワーク「Adobe Marketing Cloud Device Co-op」を発表

クロスデバイスで個人単位のマーケティングが可能、パーソナライズした体験を提供
よろしければこちらもご覧ください

米アドビは、個人単位のマーケティングを可能にするクロスデバイスの消費者認識ネットワーク「Adobe Marketing Cloud Device Co-op」を3月22日発表した。パソコン、スマートフォン、タブレットと複数の機器を使用する消費者に対するマーケティングが課題とされる中、Co-opで消費者の識別を強化し、機器とアプリを通じてパーソナライズした体験を提供できるようにする。

Co-opは、匿名化した個人や家族が使用する複数の機器の間にリンクを確立する。これによって企業は、消費者が機器を替えても適切なコンテンツの提供が可能になる。複数の機器で消費者行動を把握して対応でき、ターゲットを絞った広告を実現する。ユーザーの個人情報が公開されていなくても可能で、消費者はさまざまな接点で企業からパーソナライズされた情報が得られる。

アドビシステムズ
http://www.adobe.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]