ヤフーが米国デジタル広告技術協議連合会「The IAB Technology Laboratory」に加盟

日本企業で初、海外の先進的な技術や事例情報を日本にフィードバックして市場に導入

ヤフーは、米国のデジタルメディアとデジタル広告業界の技術協議連合会「The IAB Technology Laboratory(IAB Tech Lab)」に正式会員として加盟した、と1月26日発表した。日本企業で初めてとなる。海外の先進的な技術や事例などの情報を日本の企業や業界団体にフィードバックして日本市場に取り入れ、広告サービスや製品に関する基準の標準化を推進する。製品の品質安定化や低コスト化によって日本の広告主とユーザーへの付加価値の高いサービス提供を目指す。

IAB Tech Labは、米国ニューヨークに本拠地を置く非営利のインタラクティブ広告業界団体「The Intereactive Advertising Bureau(IAB)」が設立した。技術のオープン化や相互利用、評価などを行い、評価を得た技術を基準に企業や団体に公開して技術革新を図っている。ヤフーはIAB Tech Labの会員になったことで世界的な企業と共通の課題を議論・検討し、主導的役割を果たしてソリューションの開発を進め、日本のデジタルマーケティング市場の発展につなげる。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]