大日本印刷が「オムニチャネル対応型データ・マネジメント・プラットフォーム diip」販売

生活者のさまざまなデータを活用して最適なマーケティングを支援する分析・管理ツール
よろしければこちらもご覧ください

大日本印刷(DNP)は、生活者の購買やポイントなどさまざまなデータを活用して最適なマーケティングを支援する分析・管理ツール「DNPオムニチャネル対応型データ・マネジメント・プラットフォーム diip(ディープ)」を開発し、7月8日に販売を始めた、と同日発表した。それぞれの購買行動に合わせたマーケティングを可能にする。アクセスする最初のウェブページを改善するLPO(ランディングページ最適化)やEメール対応機能、スマートフォン用アプリのプッシュ配信機能を備える。

生活者が各機器から情報にアクセスするログを時系列で把握。実店舗にセンサーなどを設置することで来店日時や店内で動くルート、滞留時間なども分かる。これらのデータを集め、初めて情報に接触した時から購入までの行動が可視化できる。目的に応じた集計・分析のための基本メニューを80種類実装し、データ分析担当者だけでなく、マーケティング担当者も使いやすくした。初期導入費用は1500万円(税別)から、運用費用は月125万円(同)からで、データ容量に応じて変動する。

大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

diip
http://www.dnp.co.jp/cio/solution/detail/10094101_5309.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]