NHK放送文化研調査「日本人とテレビ」でテレビ視聴時間は1985年以降初めて短時間化

「ほとんど、まったく見ない」が増加、40代以下の半数はインターネットに「毎日」接触
よろしければこちらもご覧ください

NHKの調査機関、NHK放送文化研究所は、テレビの位置付けの変化を把握する「日本人とテレビ」の2015年調査結果を7月7日発表した。テレビの視聴時間は1985年以降で初めて短時間化し、幅広い年代で「ほとんど、まったく見ない」層が増えていた。一方、インターネットに「毎日」接触する層はこの5年で急増し、40代以下では半数を超え、「テレビよりインターネット動画のほうが面白いと思う」が20代以下では半数以上となった。全国の16歳以上の男女を対象に2月27日~3月8日に配布回収法で調べた。2442人が答えた。調査は1985年から5年ごとに実施している。

ふだんの日にテレビを見る時間は「ほとんど、まったく見ない」が6%、30分~2時間の短時間視聴が38%となった。前回の2010年調査ではそれぞれ4%、35%だった。4時間以上の長時間視聴は2010年の40%から37%に減少した。1985年から2010年までは長時間化が続いていたが、この5年で短時間化に転じた。年代別では20~50代で「ほとんど、まったく見ない」が増加し、20代は16%、30代は13%あった。インターネットは「毎日」が60代以下の全ての層で増え、20代は68%にのぼった。「テレビよりインターネット動画のほうが面白いと思う」のは全年代で増えた。

NHK放送文化研究所
http://www.nhk.or.jp/bunken/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]