DNPがアイトラッキング技術とID-POSデータを活用したマーケティングサービスを開始

課題抽出と効果検証を実施、店舗での調査・分析でパッケージデザインや販促物を評価

大日本印刷(DNP)は、商品パッケージや販促物などを見る際の眼球の動きを測定・分析するアイトラッキング技術と、POS(販売時点情報管理)データに個人認証用のID情報を加えたID-POSデータを活用したマーケティングサービスを始める、と2月13日発表した。実店舗での調査・分析でパッケージデザインや販促物などのマーケティングを評価する。購買行動プロセスの把握、問題点抽出の「課題抽出サービス」と、パッケージや販促物などの「効果検証サービス」を行う。両サービスとも300万円(税別)から。

静岡鉄道が発行するポイント・乗車・クレジットカード「しずてつカードLuLuCa」会員を対象に、同社グループのスーパー「しずてつストア」の一部店舗で2月にサービスを開始する。課題抽出では、アイトラッキング用の機器を装着したモニターが普段通り買い物をすることで、商品の購買決定プロセスや、商品パッケージ・販促物の課題のデータを蓄積。効果的なパッケージデザインや販促物企画、陳列などを提案する。効果検証は、新製品などをテスト販売し、ID-POSデータの解析や出口調査で効果を調べる。

大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フジツボ式SEO
主にローカルSEO(地域限定ビジネス向けのSEO)において、顧客にとって印象的だ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]