電通デジタル・ホールディングス、デジタル事業の開発・提案子会社、電通ブルーを設立

年内をめどに営業開始、メディア、デジタルライフツール、ハードウェアの各事業を実施
よろしければこちらもご覧ください

電通の100%子会社でデジタル領域の事業を統括する電通デジタル・ホールディングス(DDH)は、技術力を活用したデジタル事業の開発・提案を行う100%子会社、電通ブルーを10月15日に設立した、と10月16日発表した。年内をめどに営業を始める。ウェブサービスやアプリを開発・運営するメディア事業と、生活者の暮らしを高度化するデジタルライフツール事業、モノにインターネット通通信を持たせるIoT(インターネットオブシングズ)の実用化に向けたハードウェア事業を実施する。

デジタル環境が変化する中、企業が求めるマーケティングコミュニケーションの立案や生活者へのサービスでより高度なソリューションや迅速なビジネス開発が必要になっていることを背景に、電通ブルーを立ち上げた。最新の技術力を持ったスタートアップ企業などと連携しながら、スピーディーな企画立案やビジネス開発を実現する。社外のプロが参画できる制度を用意し、人材採用と人的ネットワークの構築を積極的に進め、スタートアップ型の開発体制による新規事業を創出する。

電通デジタル・ホールディングス
http://www.dentsu-digital.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]