リアル店舗に生活者を連れてくるCPP課金型サービス「Gotcha!mall」、DMA国際エコー賞で受賞

「Gotcha!mall」は、個々の生活者に応じた買い物の動機付けを行うことで、プッシュでは生じない能動的な買い物体験を創出するサービス

グランドデザインは、「楽しい買い物体験」「来店促進」のサービスとして同社が小売り店舗向けに提供している「Gotcha!mall(ガッチャモール)」が、DMA国際エコー賞の「Retail and Direct Sales」部門で準グランプリを受賞したことを10月16日に発表した。

「DMA国際エコー賞(2017 DMA International Echo Awards)」は、米国DMA(Data & Marketing Association)が主催する「データとマーケティングのコンペティション」で、今回が第79回。

グランドデザインの「Gotcha!mall」は、個々の生活者に応じた買い物の動機付けを行うことで、プッシュでは生じない能動的な買い物体験を創出するサービス。

生活者は、スマートフォンからGotcha!mallのサービスを利用することで、店舗のクーポンを獲得したり近くの店舗を探したりできる。同社では、サービスの特徴を次のように表現している。

生活者とコンビニエンスストア、GMS、スーパー、ドラッグストア、ファーストフードを始めとした大手小売店、ブランドをテクノロジーの力を駆使してマッチングし、楽しくお得に買い物ができる体験を作るサービス

特徴としては、単に「割引率の高いクーポンをばらまく」のではなく、データ分析に基づき個々の生活者に応じた提供を行うことで、効果的な買い物の動機付けを行い「トキメキ(Gotcha!)」体験を生活者に提供できる点だという。

同社によると、Gotcha!mall利用ユーザーは次のようなパフォーマンスを生み出している。

  • 実店舗での購買頻度が230%増加
  • 購買単価が170%増加

それに加え、スマートフォンユーザーがGotcha!mall経由で来店し購買や飲食などのアクションをした段階で利用企業に広告費が発生する「CPP(Cost per Purchase、購買単位課金)」のモデルであるため、企業側では低リスクで実店舗への集客を促進できる点も特徴。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet10はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]