オプトが「Facebookメッセンジャー」を利用したニュース配信管理「Chatwith」展開開始

Botの管理ツール、キーワードで記事を検索する機能や定期購読機能も、閲覧者数増加へ
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティングのオプトは、同社のエンジニア組織「OPT Technologies(オプトテクノロジーズ)がメッセンジャーアプリ「Facebookメッセンジャー」を利用したニュース配信管理ツール「Chatwith」の展開を始めた、と10月16日発表した。メディアがニュース配信するためのBot(機械による自動発言システム)の管理ツールで、チャット形式で指定したキーワードで記事を検索する機能や定期購読機能があり、閲覧者数増につなげられる。

従来のBot管理ツールは配信の設定や記事の管理を企業側が手動でその都度行う必要があったが、Chatwithは、メッセージ配信に必要な設定を行う専門チームがあり、運用者の作業負担を軽減する。既に「産経ニュース」「集英社」「東洋経済オンライン」など新聞・出版大手が導入している。オプトは今後、Facebookメッセンジャーに加え、他のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)のメッセージ機能でChatwithが利用できるようにする。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス