グランドデザインの「Gotcha!mall」がLINEと連携、実店舗でのショッピング活性化へ

生活者それぞれの行動データやPOSレジデータを元にショッピングの動機付けを行うクーポンをユーザーごとに発行する広告メニューも提供

店舗・ブランドを生活者とつなぐサービス「Gotcha!mall(ガッチャ!モール)がLINEと連携したことを、Gotcha!mallを運営するグランドデザインが11月21日に発表した。

まずは、Gotcha!mallのLINE公式アカウント上で、Gotcha!mallに出展する店舗や商品の情報やLINEスタンプなどを提供していく。

LINEとGotcha!mallの連携は、LINE公式アカウントにおける広告配信から、Gotcha!mall内で配信する生活者それぞれの行動データやPOSレジデータを元にショッピングの動機付けを行うユーザーごとのクーポン発行へとつなげる形で実現する。

これにより、スマートフォンから実店舗への誘導や購買をシームレスに促す仕組みを実現していくとしている(LINE公式アカウントにおける広告メニューはトランスコスモスが販売)。

LINE IDは@gotchamall

Gotcha!mallでは、機械学習を利用して個々の生活者に応じたショッピングの動機付けを行うことで、むやみに割引率を高くしたクーポンをばらまくのではないショッピング体験を生み出していく仕組みを提供している。

そうしたサービスをID-POSを利用した来店購買コンバージョン単位課金のモデルで提供することで、生活者と店舗・ブランドをつなぐマーケティングプラットフォームとして推進していくとしている。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]