東京商工リサーチ、世界最大の企業データベースを自社システムと連携するAPI「D&B Direct」を提供開始

D-U-N-S Numberをキーコードとしたマスターデータ管理やデータベース構築が可能

企業関連情報提供サービスの東京商工リサーチ(TSR)は、全世界の企業情報を自社システムで取得できるAPI「D&B Direct」を11月20日に提供開始する、と同日発表した。世界2億8000万件以上の企業データベースと自社システムを連携するAPI(Application Programming Interface)で、グローバルに事業展開する際のD-U-N-S Number(D&Bが付与する世界標準の企業識別コード)をキーコードとしたマスターデータ管理やマーケティングに効果的なデータベースの構築が可能となる。

D&B Directは、一括でのマッチング処理が可能で、英語・日本語でも対応可能。文字入力で企業候補が表示される検索機能(Type Ahead)や20種以上の検索条件を装備する。また、特定企業の変化だけでなく、全世界の企業に対するモニタリングが可能で、変化を常にキャッチし、ビジネスリスクをタイムリーにとらえることができる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

なりすまし
ネットワーク上で他人に“なりすまし”て活動すること。「spoofing」と英語表 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]