ヤフー、ビッグデータ分析を高速化する検索技術「NGT」をOSSとして無償公開

高次元データを高速で検索・特定し、巨大化するビッグデータ分析の高速化を実現
よろしければこちらもご覧ください

Yahoo! JAPANを運営するヤフーは、ビッグデータ分析領域の最先端技術として、高次元データの高速検索技術「NGT(Neighborhood Graph and Tree for Indexing)」を開発し、11月24日よりオープンソースソフトウェア(OSS)として公開する、と同日発表した。同技術に関する特許の実施権は無料で提供する。NGTは、テキストや画像、商品・ユーザーデータなど、複数の特徴を持つ高次元データを大量のデータベースから高速で検索・特定する技術で、巨大化するビッグデータ分析の高速化を実現するという。

NGTの応用例としては、例えば「テキストや画像、商品・ユーザーデータなどの高次元データにおいて、近似したデータのマッチングの高速化を通じて、AI(人工知能)技術の精度向上に貢献すること」がある。スマートフォン用のYahoo! JAPANアプリのニュースなどコンテンツのパーソナライズ配信や運用型ディスプレイ広告(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)における精度向上」がある。また、「フォーマットも入力方法もバラバラな大量のデータを高速に照合し、企業内の活用しきれていないビッグデータを活用しやすい形に置き換える」こともできるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]