ヤフー、視覚障害者向け「さわれる検索」の3Dデータとアプリケーションをオープン化

3Dデータは音声入力で認識したキーワードを3Dプリンタで生成し、アウトプット
よろしければこちらもご覧ください

Yahoo!JAPANを運営するヤフーは、11月1日の「点字の日」に9月から実施してきた視覚障害者向けサービス「さわれる検索」プロジェクトの活動報告と今後の展開について発表し、3Dデータを無料でダウンロード可能にするほか、アプリケーションをオープンソース化する、と同日発表した。さわれる検索は文字・音声入力によって情報を「見る」「聞く」から、情報を「さわる」ことに発展したコンセプトモデル。3Dデータベースと3Dプリンタの融合により、音声入力で認識したキーワードを3Dプリンタからの出力によって立体物を生成し、アウトプットする。

さわれる検索プロジェクトは9月20日から10月31日まで、筑波大学附属視覚特別支援学校(盲学校)で実施。約240個の3Dデータがさわれる検索マシンから検索可能になった。作成した3Dデータは、MakerBot社の運営する3Dデータ共有コミュニティサイト「Thingiverse」にアップロード。無料ダウンロードが可能になる。さわれる検索のアプリケーションは、ソースコード共有コミュニティサイト「GitHub」にてオープンソース化する。

Yahoo!JAPAN広報ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/yj_pr_blog

さわれる検索プロジェクトサイト
http://sawareru.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]