Wi2、位置情報とビッグデータ分析技術を組み合わせたO2O基盤をアクセンチュアと開発

企業は顧客の街中での動きを捕捉して自社店舗に導く施策が可能、分析レポートも提供
よろしければこちらもご覧ください

公衆無線LAN事業者のワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は、経営コンサルティングのアクセンチュアとともに、Wi-Fiアクセスポイントから収集される位置情報データなどとビッグデータ分析技術を組み合わせ、位置情報を活用した新たなO2O(オンラインツーオフライン)ソリューションを生み出すサービス基盤を共同開発し、提供を始める、と11月5日発表した。企業は、顧客の街中での動きを捕捉して自社の店舗に導く施策が可能になる。

このサービス基盤を活用すると、店舗の近くを顧客が通った際、実施中のキャンペーンやクーポン情報などを配信したり、来店ポイント付与、顧客の好みに基づいたレコメンド情報の適切なタイミングでの配信を実現する。企業には分析結果から得られるレポートも提供し、データに基づくサービス向上に役立つ。企業が保有する顧客情報、購買履歴、閲覧履歴、操作履歴などをこのサービス基盤に連携させて分析精度を高めることもできる。

ワイヤ・アンド・ワイヤレス
http://wi2.co.jp/

アクセンチュア
http://www.accenture.com/jp-ja/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス