インテージとニールセン、小売店パネル調査の顧客企業への相互販売でパートナーシップ契約

インテージはニールセンの海外小売店調査、ニールセンはインテージの全国小売店調査を提供
よろしければこちらもご覧ください

市場調査のインテージと消費者行動調査のニールセン・カンパニーは、小売店パネル調査の相互販売でパートナーシップ契約を結んだ、と10月16日発表した。これによってインテージは、ニールセンが100以上の国・地域で展開する海外小売店パネル調査「ニールセンリテールメジャメントサービス(RMS)」を、ニールセンはインテージの国内全国小売店パネル調査「SRI」の市場監査データをそれぞれの顧客企業に提供できるようになった。

SRIは約4000店の小売店販売データに基づくマーケットトラッキングサービスで、商品がいつ、どこで、いくつ、いくらで、どんな店舗で販売されたか把握できる。インテージはニールセンを通じて世界の企業に提供し、日本市場への参入やマーケティングを支援する。ニールセンはインテージの顧客企業にRMSを提供することで海外進出やマーケティングをサポートする。日本と海外のデータを同じプラットフォームで閲覧することも可能になる。

インテージ
http://www.intage.co.jp/

ニールセン
http://www.nielsen.com/jp/ja/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]