インテージ、生活者の導線をWeb上で照会・分析できる動線分析システム「Strevi」提供開始

クロスメディアキャンペーンの効果の検証と、コミュニケーションプランの立案を支援
よろしければこちらもご覧ください

市場調査のインテージは、同社のi-SSP(インテージ・シングルソースパネル)を基に、テレビCMやWebサイトなどの情報接触から、商品の購入やサービス登録などの消費者の動線「コンバージョンパス」をWeb上で照会・分析できるシステム「Strevi(ストレビ)」を10月8日に提供開始する、と10月3日発表した。インターネットの普及による生活者の変化を背景に、企業のマーケティング活動においても、新しいコミュニケーションツールを利用する動きが活発化していることを背景に、i-SSPのデータを使ったクロスメディアキャンペーンの施策効果の検証と、生活者の動線を踏まえたコミュニケーションプランの立案を支援するサービスとしてStreviを開発した。

Streviは、以下のような特長がある。テレビのCMやWeb広告、Webサイト閲覧、検索などの情報接触や行動について「どのくらいの人がその行動をしたか」「どんな特性の人がその行動をしたか」を把握できる。情報接触と購買のデータをログ形式でデータ収集しているi-SSPのデータを使うことにより、アンケートでは分からない本当の前後関係を基にしたパス分析を実現する。365日24時間継続して収集しているパネルデータなので、トライアルからリピート、3回目のコンバージョンまでの動線が確認できる。ASP型サービスだから、担当者が手元で操作・分析が可能。

インテージ
http://www.intage.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]