イノーバ、コンテンツマーケティング運用に適したクラウド型ソフト「Cloud CMO」の提供を開始

コンテンツマーケティングの効果を高めるために必要な機能にフォーカスしたのが特徴

マーケティング支援のイノーバは、企業が独自に媒体を構築して情報発信するコンテンツマーケティングを支援するため、コンテンツ制作とSEO対策、アクセス解析が利用できるクラウドソフト「Cloud CMO(クラウドシーエムオー)」の提供を9月12日に開始する、と同日発表した。新しいマーケティング手法として注目を集めるコンテンツマーケティングは、オウンドメディア(自社メディア)の立ち上げ、CMSやメール配信の組み合わせ、Web解析ツールによる効果検証など、運用負荷が大きい。Cloud CMOは、コンテンツマーケティングの効果を高めるために必要な機能にフォーカスしているのが特徴。

Cloud CMOは、ブログ記事投稿時にプレビューしながら直感的に入力できる。同じページで「Facebook」「Twitter」への投稿も可能となっている。SaaS型でサーバー管理が不要のため、社内エンジニアなしでも、オウンドメディアが簡単に構築できる。SEO対策では、対策したいキーワードを選び、登録キーワードの順位やブログ記事内での頻度をひと目で確認できる。アクセス解析では、コンテンツマーケティングに必要な指標だけをコンパクトにまとめて表示する。資料請求や商品購入などのコンバージョン(直接効果)だけでなく、アシストコンバージョン(間接効果)の測定も可能となっている。

イノーバ
http://innova-jp.com/

Cloud CMO
http://innova-jp.com/service/cloud-cmo

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]