アドビ、「Adobe Target」を拡充し、新ラインナップ「Adobe Target Premium」を発表

Adobe Analyticsの行動データとレポート機能をAdobe Targetで最大限に活用可能に

アドビは、同社のデジタルマーケティングソリューション「Adobe Marketing Cloud」の1つで、Webコンテンツと顧客体験の最適化のためのソリューション「Adobe Target」の新ラインナップとして6月12日、「Adobe Target Premium」を発表した。マーケティング担当者のターゲティング業務を自動化することで、キャンペーンの立ち上げが簡単になるほか、エンゲージメント率やコンバージョン率、売上の向上を可能にする。Adobe Analyticsの行動データとレポート機能をAdobe Targetで最大限に活用できるようになり、消費者のインサイト(本音)を次の施策に生かすことが可能になった。

Adobe Target Premiumの新機能の「意思決定の自動化」では、自己学習アルゴリズムの活用により、訪問者の行動に基づき、適切なコンテンツを自動的に決定する。また、Adobe TargetがAdobe Analyticsとの連携に対応したことにより「オーディエンスターゲティング機能の強化」を実現したとともに、柔軟なレポート機能を備えることになった。また、最適化ロードマップの継続的なサポートやキャンペーンの管理と実行などのコンサルティングサービスも実施する。

アドビ
http://www.adobe.com/jp/

アドビ・ニュースルーム
http://www.adobe.com/jp/news-room.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

属性型・地域型JPドメイン名
日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。正式には「属性 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]