博報堂DYメディアパートナーズ、「メディア定点調査2014」で携帯・スマホの接触時間がPCを上回る

メディア接触時間は、テレビが156.9分、携帯・スマホ74分、パソコン69.1分の順

広告事業の博報堂DYメディアパートナーズは、生活者のメディア接触の現状を調査・分析する「メディア定点調査2014」を実施し、6月10日、調査結果を発表した。東京地区の調査結果では、生活者の1日あたりのメディア接触時間は、テレビが156.9分、携帯・スマホ74分、パソコン69.1分の順となっており、携帯・スマホの接触時間がパソコンの接触時間を上回った。性年齢別にみても、昨年までの男女10代、女性20代だけでなく、今年度は男性の20代と30代、女性の30代と40代でも携帯・スマホの接触時間がパソコンを上回った。調査は1月24日~2月6日に東京都、大阪府、愛知県、高知県の15~69歳の男女個人に対し郵送調査法で実施。サンプル数は東京634、大阪645、愛知653、高知635の計2567だった。

スマートフォンの所有率は59.1%となり、昨年の45%と比較して14%以上の伸びとなった。女性10代の所有率は約9割で、男性10~40代でも7割以上がスマートフォンを所有していた。タブレットの所有率は20.9%となり、初めて20%を超えた。携帯やスマートフォン、タブレット端末を操作しながらテレビを見る生活者は6割以上で、スマートデバイスの普及に伴い、テレビの視聴態度にも変化が出ている。テレビ番組を見ながらソーシャルメディアで番組に関する書き込みをしたり、書き込みを読む生活者は全体の20.6%で、女性10代では66.1%と多く、ソーシャルメディアの利用が日常化していることが分かった。

博報堂DYメディアパートナーズ
http://www.media-kankyo.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]