ロックオン、5媒体のマーケティング施策を分析するサービス「エビスファイブ」を提供開始

オンラインとオフラインにまたがるマーケティング効果の測定プロジェクトも発足

Eコマース関連ソフト開発のロックオンは、同社の広告効果測定システム「アドエビス」に蓄積したインターネットのデータと、テレビ、新聞、雑誌、ラジオの計5媒体のマーケティングデータを包括的に分析するサービス「エビスファイブ」の提供を開始した、と5月26日発表した。また、ロックオンのマーケティングメトリックス研究所において、オンラインとオフラインにまたがったマーケティング効果の測定を目的とした「クロスメディア効果見える化プロジェクト」を発足した。

エビスファイブは、5媒体を統合した分析結果をマーケティングメトリックス研究所監修のもと、ロックオンのマーケティングアドバイザーがレポートとして提供する。提供するのは「広告とその効果の全体的な傾向が分かる『相関分析レポート』」、「各媒体のマーケティング効果について前後関係の統計的有意性を視覚化する『因果関係分析レポート』」、「媒体の波及効果を考慮した予算配分を提案する『予算配分提案レポート』」となっている。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]