『クリエイターのための権利の本』(全6回) コーナーの記事一覧

書籍『クリエイターのための権利の本』の一部をWeb担向けに特別にオンラインで公開!
icon このコーナーについて

プロ・アマを問わず、クリエイターやコンテンツ制作に従事する方が知っておかなければならない権利や法律を紹介する『著作権トラブル解決のバイブル! クリエイターのための権利の本』(ボーンデジタル)をWeb担で特別公開。

(全 5 記事)

『クリエイターのための権利の本』(全6回)

コンペで採用されなかったデザインが勝手に使われた! これって料金請求できるの?

クライアントに提案したデザイン案が採用されなかったのに、後日クライアントが無断で使っていたことが判明。これって料金を請求できる? Web担特別連載(第6回)
角田 綾佳(フリーランス、キテレツ)+木村 剛...2019/3/27 7:001363210
『クリエイターのための権利の本』(全6回)

著作権と引用の5条件! 動画や歌詞を掲載する場合の注意点とは?

ブログやネット記事を書く際に、書籍の文章を使用したい。でも、「どこまで引用していいんだろう」と悩んだことはありませんか? ここでは、著作権法に基づいて、注意するべき5つの引用ルールをまとめました。「歌詞はどの程度なら使っていいの? 」「SNSでの画像・文章の使い方は?」「YouTube動画の場合は?」など、ケース別の引用方法も紹介します。Web担特別連載(第5回)
染谷 昌利(MASH)2019/3/20 7:001994908
『クリエイターのための権利の本』(全6回)

このキャッチコピーを考えたのは誰? 言葉に著作権が発生する事例とは

有名キャッチコピーやキャッチフレーズ、名言 、格言、 有名なセリフなどの「言葉」にかけられる権利について、トラブルにならないために使用上の注意や著作物の基準を確認しておきましょう。俳句、短歌、標語、造語といった個人が創造した文章はどうなのか? 流行語大賞のあのフレーズは?
染谷 昌利(MASH)2019/3/13 7:0078713
『クリエイターのための権利の本』(全6回)

建物に著作権はある? 写真の撮影許可は必要? トラブルになるポイントを解説

建築の写真やイラスト、デザインにおける著作権・商標権はウェブサイトや印刷物などの制作時にトラブルになりやすい。東京タワー・スカイツリー・太陽の塔・歴史的建造物・公共施設などの建造物の外観、風景写真を撮るときに許可は必要なのか。自分で撮影して著作権法を満たしていても商用利用ができない場合とは?今回は著作権法が定める自由利用の規定について、商標登録の有無についての注意点をわかりやすく解説する。
北村 崇(TIMING DESIGN)+角田 ...2019/2/27 7:002413814
『クリエイターのための権利の本』(全6回)

クリエイターが知っておきたい「著作権」とは?

現代のクリエイターが著作権の知識を身につける理由について、実際に起こったトラブルを例に解説をしていきます。Web担特別連載(第1回)
大串 肇(mgn)2019/2/20 7:001249011
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]