国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

Web担当者に役立つ最新情報

ページ

Web担当者に役立つ最新情報

Google検索結果に自分のサイトのSEOレポートが出てきた!?
検索したワードでの自サイトのパフォーマンスがその場で (Search Engine Roundtable) 海外情報

Googleで何か情報を検索したときに、検索結果ページに自分のサイトのSEO情報が表示されるようになった。

これは、Googleアカウントにログインしており、そのアカウントでSearch Consoleに登録している管理サイトのページが検索結果に出てきた場合に表示されるものだ。そのクエリでの「クリック数」「表示回数」「順位」といった検索パフォーマンスが、検索結果の上に表示される。

検索結果に表示される検索パフォーマンスのレポート
検索結果に表示される検索パフォーマンスのレポート

もちろん、この情報はあなただけに表示されるものだ。他のユーザーが同じキーワードで検索しても、あなたのサイトのSearch Consoleデータが表示されるわけではない。

検索パフォーマンスでフィルタをかければ知ることができる情報だが、検索結果で手軽に調査できるのは便利かもしれない。

★★★★☆
  • SEOがんばってる人用(ふつうの人は気にしなくていい)

新SCにリッチリザルトレポートにイベントが追加
イベント構造化データを使っているサイトは要チェック (Search Engine Roundtable) 海外情報

グーグルの検索結果ページにイベント情報を掲載する構造化マークアップがある。このリッチリザルトのレポートが、新しいSearch Consoleに追加された。

「新しいSearch Console」というが、今はこちらが正式バージョンだ。とは言うものの今までは、レシピと求人のリッチリザルトだけがレポート対象で、この2つ以外のレポートを参照するには旧バージョンのSearch Consoleに戻る必要があった。

イベントのリッチリザルトレポート

イベント用リッチリザルトの構造化データに問題が検出されると、Search Consoleで通知も届く。

https://www.example.com/ でイベント マークアップを修正する

イベント構造化データをマークアップしているなら、リッチリザルトレポートで状況をチェックしておくといい。

★★★☆☆
  • イベント構造化データをマークアップしているすべてのWeb担当者 必見!

グーグル検索が20歳。次の20年を見据えて新しい機能をリリース
グーグルの新しい検索体験はどんなものだろう? (Google Japan Blog) 国内情報

グーグルが検索サービスを開始してから20年がたった。次の20年に向けての取り組みをグーグルが公式ブログで発表している。

検索の新たな機能として次のようなものを年内に公開するそうだ。

  • 情報探しの “旅” をサポート: 聞かれた時に答えを返すだけではなく、ユーザーが中断した所からタスクを再開したり、興味関心を持っていることや趣味に関する新しい情報を手に入れられるように、新機能を検索に追加します。

  • キーワードなしでも情報を: 昨年から提供している「フィード」は、検索しなくても興味に応じた関連情報を表示します。本機能を Discovery として一新しました。

  • 文字からビジュアルへ: より視覚的にわかりやすいデザインを採用すると共に、Google 画像検索のデザインを刷新、情報をより探しやすくしました。

リンク先は英語記事なので、ツイッターのモーメントにポイントを金谷氏がまとめてくれた。

グーグルの新しい検索体験がどのようなものなのか、少し長くなるが以下に掲載しておくのでチェックしてほしい。

★★★★★
  • すべてのWeb担当者 必見!

インデックスカバレッジで画像がソフト404の怪現象
画像をウェブページとして認識。無視すべし (Google Webmaster Central office-hours) 海外情報

Search Consoleの「インデックスカバレッジ」レポートで、画像のURLがソフト404としてレポートされることがあるらしい。しかし普通にあり得ることで、問題にはならないそうだ。

グーグルが画像をインデックスする際は、その画像が掲載されているウェブページ(のURL)を必要とする。画像のURLにリンクが張られていた場合、通常は拡張子で画像であることをグーグルは認識できるのだが、ウェブページとして認識してしまうことがあるらしい。画像をウェブページとして認識してしまうため、ソフト404として検出してしまうとのことである。

どのサイトでも頻繁に起きることではなさそうだが、SEOに詳しくなることを目指しているなら知識の1つとして知っておくといいかもしれない。

★★☆☆☆
  • ホントにSEOを極めたい人だけ

グーグル社員による医療・健康サイトに役立つTIPS
低品質コンテンツの手動対策へのアドバイスもあり (金谷 武明 on ツイッター) 国内情報

グーグル金谷氏によるお役立ちツイートを2つ紹介する。

すべてのウェブ担当者に当てはまるアドバイスではないが、該当する場合は非常に参考になるはずだ。

★★★★☆
  • 低品質コンテンツの手動対策を受けちゃった人用(ふつうの人は気にしなくていい)
  • 健康・医療系のすべてのWeb担当者 必見!

グーグルダンスが大阪にやって来る!
西日本のウェブ担当者は参加申し込みしよう (グーグル ウェブマスター向け公式ブログ) 国内情報

今週はピックアップを1つ増やして、イベントを案内したい。

グーグルのイベント「Google Dance」が大阪で開催される。Google Dance はグーグルの検索チームと直に交流できるイベントだ(文字どおりのダンスを踊るイベントではない)。日本ではこれまでは東京での開催だったが、この秋に大阪で開催されることになった。

距離的な問題で参加できなかった西日本のウェブ担当者には嬉しいニュースだろう(東日本から参加してももちろん歓迎される)。

イベントの詳細は公式ブログでの発表を参照してほしい。

応募の受付は10月21日いっぱいで締め切り、応募者多数の場合は抽選となる。当選することを願って応募しよう。

★★★★★
  • 西日本のすべてのWeb担当者 必見!

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

Search Console関連の仕様変更とサイトスピードに関する記事を今週はピックアップ。

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTA
CTAは「Call To Action」の略。日本語の意味としては「行動喚起」と ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]