日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

通販市場6.3%増の5兆4100億円 ECの伸びがけん引 JADMA 2012年度通販市場売上高調査

アマゾンをはじめとするEC企業や店舗系EC事業の売上増、アスクルなどBtoB通販が市場の成長を後押し
よろしければこちらもご覧ください

公益社団法人日本通信販売協会(JADMA、事務局東京都、佐々木迅会長)は8月27日、2012年度の通販市場が前年度比6.3%増の5兆4100億円だったと発表した。金額ベースでは同3200億円の増加だった。アマゾンをはじめとするEC企業や店舗系EC事業の売上増ほか、アスクルなどBtoB通販の堅調な伸びが市場の成長を後押ししたと分析している。

JADMAの通販市場調査は正会員(調査時点は509社)の合計売上高に、有力非会員約180社の売上高を加えて市場規模を算出した。正会員の合計売上高は同3.4%増の3兆3400億円。金額では同1100億円の増加だった。

JADMAによると増加した3200億円のうち、「半数以上がアマゾンの売上増によるもの」(事務局)と分析。このほか家電量販店やスーパー、専門店など、実店舗企業によるEC事業の増収が通販市場の伸びを下支えしたとみている。

一方、テレビ通販市場はほぼ横ばい、カタログ通販市場は下げ止まった傾向がみられるという。

・JADMA「2012年度通販市場売上高調査」(プレスリリース)
http://www.jadma.org/pdf/press/press_survey20130827.pdf

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]