日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

楽天が米物流会社Webgistixを買収 システムを日本でも活用へ

米国で展開しているモール事業の出店者向けにフルフィルメントサービスを提供、日本でも
Webgistix社

楽天は6月6日、米国の物流会社Webgistix(ウェブジスティックス)の全株式を取得し、完全子会社にすると発表した。買収額は約30億円。米国で展開しているモール事業「Rakuten.com Shopping」の出店者向けにフルフィルメントサービスを提供するとともに、同社の技術を日本でも活用していく考え。

ウェブジスティックスの物流サービスを活用することで、受注後1~2日で全米各地に配達できるようになる。米国の出店者向けに同サービスを提供。商品の在庫管理や出荷などを請け負い、新たな出店者の開拓につなげる。米国ではアマゾンが同様のサービスで出品者を増やしている。

同社で提供しているWMS(倉庫管理システム)は受注処理スピードと正確性に強みがあるとしている。楽天は昨年8月から出店者向けに「楽天スーパーロジスティクス」の提供を始めており、今後、新設する倉庫が稼働するタイミングで、ウェブジスティクスの技術も取り込む考え。

・楽天のプレスリリース
http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2013/0606_01.html

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]