日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

アッカと佐川グローバル 中国向け発送網を構築

中国市場を開拓したいアパレルEC事業者向けに海外発送のスキームを構築したのが特徴

アパレルECを中心に撮影や物流などのサポート業務を手がけるアッカ・インターナショナル(本社東京)は4月、佐川グローバルロジスティクス(本社東京)の物流センターを使用したECサポート業務を本格的に開始する。アッカの撮影・物流管理ノウハウと佐川グローバルの物流機能を融合したもので、とくに中国市場を開拓したいアパレルEC事業者向けに海外発送のスキームを構築したのが特徴。

サービスの名称は「ECファクトリー」で、サポート業務の拠点となるのは佐川グローバルの「東扇島SRC」。中国向け荷物の発送は税関や現地での宅配、サイズの制限など現状では課題が多い。

佐川グローバルが持つ国際貨物の配送網を活用するとともに、アッカが独自に開発した簡体字のシステムを利用することで、国内と中国の両方に対応できる配送体制を構築した。

佐川グローバルは現地法人ほか、中国各主要都市に拠点を設けており、自社ネットワークによる配送と、現地の配送業者と組んで日中間のBtoC配送を可能にする。

すでにアッカと佐川は税関の通過や料金、実際の宅配についてテストを行っており、問題なく終了したとしている。現状の送料はEMS(国際スピード郵便)とほぼ同様。現地での決済はアリペイとクレジットカードの採用を計画している。

「東扇島SRC」を利用した「ECファクトリー」を利用するクライアント数は、まずアパレル企業4―5社でスタートする予定。SRC内のアッカが借りているスペースに各クライアントの在庫を保管しながら、撮影や採寸、商品の管理・発送を行う。

商品の保管は通販用と店舗用の両方に対応するメーカー倉庫のような役割を果たす。アパレルメーカーの要望に沿って、BtoC、BtoBにも対応することで「通販用・店舗用商品を1カ所にまとめて、在庫ロスがなるべく出ないような仕組みにした」(アッカ・加藤大和社長)のも特徴となっている。

株式会社アッカ・インターナショナル
http://ecfactory.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
クローラーが、インターネット上にあるWebサイト上の文書や画像を巡回(クローリン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]