【2023年版】TikTokの宣伝で得られる広告効果とは?集客するための方法や施策について解説 | VIDEO SQUARE

VIDEO SQUARE - 2023年3月29日(水) 09:56
このページは、外部サイト VIDEO SQUARE の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「【2023年版】TikTokの宣伝で得られる広告効果とは?集客するための方法や施策について解説」 からご覧ください。


近年SNS媒体で広告出稿する企業は増えています。これまでとは違った集客やブランディング手法はないかと悩む企業も少なくありません。そんな企業が新しく取り入れはじめている手法がTik Tok広告です。

Tok Tokは特に若い世代に人気があり、広告動画を投稿して集客やブランディングに繋げている企業も増えています。

ターゲット層に合わせたキャッチーな動画や、視覚的にインパクトのある映像を使用すると効果が高いTik Tokですが、宣伝方法や効果について、まだまだ知らない企業も少なくありません。

そこで、本記事ではTikTok広告動画の「宣伝方法」や「広告で得られる効果」について解説します。

TikTokで宣伝し集客につなげるには?

TikTokは、世界中で急速に普及している動画アプリで、若年層を中心に人気を博しています。

広告動画を作成し、配信することで多くの企業が集客やブランディングに繋げています。ですが、ただ広告を配信すれば必ずしも効果が出るというわけではありません。

効果的な宣伝のためには、Tik Tokの仕組み(アルゴリズム)を理解し、ターゲット層に合わせたキャッチーなタイトルを考えたり、視覚的にインパクトのある映像を使用することが重要です。

また、人気のハッシュタグを活用したり、YouTubeやInstagramに誘導することで、より効果的な宣伝が可能です。

TiKTokで宣伝することで得られる効果

TikTokを活用して得られる効果は大きく4つあります。

TikTokの宣伝効果

  • 10代・20代のユーザーに対するブランディング
  • 潜在的なユーザーの獲得
  • 海外ユーザーの開拓
  • キャンペーンの周知

それぞれ解説していきますので、TikTokによる宣伝のメリットを理解して自社の集客やブランディングに適しているか検討してみてください。

1. 10代・20代のユーザーに対するブランディング

TikTokのメインユーザーは主に10代・20代と他のSNSと比べて年齢層が若いことが特徴です。

そのため、若年層を対象とした商品やサービスを提供している企業は、TikTokでの宣伝が効果的です。

話題になる動画やついマネをしたくなる動画など若年層に刺さるコンテンツを定期的に更新出来れば、他の手段よりも10代・20代に対してブランディングできる施策になります。

2. 潜在的なユーザーの獲得

TikTokは、世界的に人気が高く、ユーザー数も日々増加しています。しかし、日本国内ではまだTikTokに触れたことのない人が多く、潜在的なユーザー層が存在します。

これまでアプローチ出来なかった層にいち早くアプローチするための手段としてもTik Tokは優れています。Web広告に耐性のある層やFacebook、Twitterを利用していない層でもTik Tokであれば宣伝をすることが可能です。

そして、Tik Tokから商品やサービスに興味を持ってもらい、直接購入できるようにすることで、新規層からビジネスの売り上げを伸ばす戦略につながります。

3. 海外ユーザーの開拓

TikTokは、海外で急速に普及しているSNSのひとつであり、現在もその勢いはとどまることがありません。Tiktokの場合、音楽や動きがメインになるため言語の壁も問題ではありません。

そのため、海外進出を考えている企業や海外ユーザーの獲得を狙う企業にとってはTikTokを活用した広告戦略は大きな足がかりとして考えられます。

海外市場に進出する際には、現地の文化や習慣に配慮することが必要ですが、世界中の若者にアプローチできるTik Tokはとても有力な宣伝手段のひとつといえます。

4. キャンペーンの周知

TikTokを活用した広告戦略は、ビジネスの拡大や新規顧客獲得に効果的な手段です。

特に、キャンペーンを活用した宣伝は、より多くのユーザーに宣伝することができます。

TikTokでのキャンペーン宣伝は、投稿動画を通じて行います。

そのため、まずは魅力的で興味を引くような動画を制作することが必要です。コツとして、TikTokには独自の音楽やエフェクトが用意されているのでそれらを活用し、動画にインパクトを与えることが重要です。

キャンペーン宣伝の効果は、投稿された動画の再生回数やコメント数・シェア数などから測定できます。
より効果的な宣伝効果を狙うのであれば、キャンペーンを定期的に行い、数値を見てPDCAを回すことが欠かせません。

TikTokで集客するコツ

これからTik Tokを始めようと考えている方にとっては、ターゲットとなるユーザーをどのように集客につなげたら良いか分からない方も多いのではないでしょうか。
ここではTikTokを活用して集客に繋げるためのコツを解説していきます。

アルゴリズムを想定して広告を作成する

まずTikTokにおいて、投稿の表示を決めるのはTiktokのアルゴリズムが関係します。このアルゴリズムがどのように機能するかを理解することが重要です。

具体的には、再生数・視聴時間・コメント数・共有数などの指標に基づいて、アルゴリズムが投稿の優先順位を判断しています。

これらの指標が多いなど、順位変動要素に関係する指標をもとに、投稿が多くの人に見られる可能性が高くなります。
たとえば再生数を増やすためには、タイトルやサムネイルを工夫してアピール力を高めたり、トレンドに合わせた投稿を行うことなどが効果的です。

また、視聴時間を増やすために投稿内容が面白く、見ている人を飽きさせないように工夫や企画を用意して作成することが重要です。
そのため、TikTokで広告を行う際には、これらの指標を増やすことが大切です。これらの工夫をすることで、TikTokでの広告効果を最大限に引き出すことができます。

再生数が伸びない原因は何がある?

TikTokで再生数が伸びない場合、いくつかの原因が考えられます。

①ハッシュタグが適正ではない
投稿に選ぶハッシュタグが適切でないと、投稿に関心のあるユーザーへの露出が難しくなります。

Tik Tokのユーザーは興味のあるテーマや投稿に関連のあるワードでハッシュタグを活用するので、自身のターゲットがどのようなハッシュタグを活用しているのかを競合アカウントなどからリサーチしてみることをオススメします。

②コンテンツが面白くない
コンテンツが面白くないことも、再生数が伸びない原因の一つです。

一般的にTikTokは、エンターテイメント性が高いコンテンツが人気です。

もし自分の投稿にエンターテインメント性が感じられないという場合には、多くの人に拡散されている投稿を参考にしてみたり、自身が面白いと感じる投稿を保存しておいて見返すなどしてみることが大切です。

③投稿の時間帯が適正ではない
投稿する時間帯も再生数に影響を与えます。

たとえば平日の夕方や休日の午後など、多くの人がTikTokを使用している時間帯に投稿すると、より多くの人に自分の投稿が届きやすくなります。

また、ターゲットの行動に合わせて通勤・通学時間にアップしたり、お昼休みにアップするなども効果的です。

宣伝に活用できるTikTokのコンテンツの作り方

アルゴリズムを理解できたら、アルゴリズムに合わせた投稿を作成することが必要です。

TikTokで拡散されるコンテンツを作成するためには、以下が重要です。

  • AIサイドのアルゴリズム
  • ユーザーサイドのアルゴリズム

それぞれ詳しく解説していきます。

AIサイド

Tik Tokは、投稿の良し悪しを私たちの目には見えない裏側でAIを活用して自動的に判断しています。

ですので、AIサイドの評価によって投稿の良し悪しが判断され、よいと判断された投稿はおすすめとして多くのユーザーに表示されます。

具体的に、AIが投稿の優先順位を判断する基準として主に以下があります。

TikTokの宣伝効果

  • いいね数
    ユーザーが投稿に対して「いいね」と反応した数
  • コメント数
    ユーザーが投稿に対してコメントした数
  • シェア数
    ユーザーが投稿を他のユーザーと共有した数
  • フォロワー数
    投稿者のフォロワー数が多いほど、投稿の拡散にプラスに働きます
  • プロフィール表示回数
    投稿から投稿者に興味を持ってくれた回数
  • 視聴時間
    投稿動画の再生時間が長いほど、ユーザーはその動画に興味を持っていると判断され、アルゴリズムによって評価が上がります

投稿動画に対するこれらのエンゲージメントが高いほど、アルゴリズムによる拡散が増え、さらなるリーチが期待できるため、投稿者にとっても大きなメリットです。

これらのエンゲージメントを意識して、投稿を作成することが重要です。
また、投稿作成時だけでなく作成後の改善時にもエンゲージメントは役立ちます。

投稿に対して「いいね」と反応した数やコメントした数・他のユーザーと共有した数は、その投稿がユーザーにどの程度受け入れられているかを示しています。
投稿者のフォロワー数が多いほど、投稿の拡散にプラスに働き、定期的に動画を視聴してくれるフォロワーを確保すれば、「いいね数」と拡散」を望めるかもしれません。
また、自分自身のフォロワーを増やすことも重要であり、フォロワー数を増やすためには、定期的に投稿を行い、品質の高いコンテンツを提供することが必要です。
エンゲージメントを基にどのような投稿がうけているのか・フォロワーは順調に増えているのか・改善点は無いかをチェックすることが重要です。

ユーザーサイド

Tik Tokのおすすめ表示を行うのはAIですが、実際に見たりファンになるのは他のTik Tokユーザーです。
Tik Tokのユーザーに評価されやすいコンテンツの作り方も心がけましょう。
以下はTik Tokユーザーに受けやすい投稿のアイデアです。

特徴 説明 時間をとらない投稿 TikTokで人気があるのは、短い動画であることです。15秒から60秒程度の短い動画は、ユーザーが手軽に視聴できるため、閲覧数が伸びやすくなります クリエイティブで面白いコンテンツ ダンスや歌、コメディ、トリックショットなど、様々なジャンルのコンテンツがあり、ユーザーはその中から自分に合った動画を見つけて楽しめます ユーザー参加型 TikTokはユーザーが動画に参加したり、コラボレーションしたりすることができるため、ユーザーの参加を促す動画が人気です カラフルで派手な映像 TikTokの動画は、独自のエフェクトやBGMを使って、派手な映像に仕上げることができます ポジティブでユーモラス ポジティブな雰囲気のコンテンツが人気を集めます。ユーザーが楽しんで視聴できるような、明るく楽しい動画が好まれます

このようなコツを取り入れながら、投稿をブラッシュアップしていくことで、より効果的にTikTokの活用ができます。

ハッシュタグを活用する

TikTokはハッシュタグを活用することで、投稿の拡散につながります。
ハッシュタグは投稿のジャンル分けをするために活用されます。
以下は、TikTokでのハッシュタグの活用についての詳細な説明です。

適切なハッシュタグの選択が重要

ハッシュタグを活用する際には、投稿内容と関連するものを選ぶことが重要です。例えば、ダンス動画には #ダンス、#ダンスチャレンジ、#ダンスコンテスト といったハッシュタグを選ぶことができます。
関連性のあるハッシュタグを選ぶことで、同じ興味を持つユーザーに投稿が表示され、より多くの人に見てもらえる可能性が高くなります。

適度なハッシュタグの使用が重要

適度なハッシュタグの使用が重要です。なるべく沢山見てほしいという思いからハッシュタグを多数使うことは逆効果になることがあります。
過剰なハッシュタグの使用はスパム行為とみなされ、投稿が非表示になる可能性があります。適度なハッシュタグの使用を心がけましょう。

人気のあるハッシュタグを活用する

人気のあるハッシュタグを活用することは、投稿の拡散につながります。
例えば、TikTokのトレンドリストに掲載されているハッシュタグを活用することで、多くの人がそのハッシュタグを検索し、自分の投稿を見つける可能性が高くなります。

独自のハッシュタグを作成する

独自のハッシュタグを作成することで、ブランディングにつながります。
自分や自分のブランドに関連する独自のハッシュタグを作成し、投稿に活用することで、ユーザーに印象づけることができます。

ハッシュタグの誤用に注意する

ハッシュタグを活用する際には、誤用に注意する必要があります。
例えば、無関係なハッシュタグを使用すると、投稿がスパムとして認識される可能性があります。

また、トレンドに乗っかって無理やりハッシュタグを使うことも避けるべきです。投稿内容と関連するハッシュタグを選ぶことが大切であり、投稿内容を的確に表現するハッシュタグを選択することで、より効果的な拡散が期待できます。

YouTubeに誘導する

TikTokで宣伝している企業の多くは、自社のYouTubeチャンネルにフォロワーを誘導しています。

理由として、YouTubeへ誘導することで3つのメリットがあります。

  • 補足的な情報を提供することができる
  • より多くの人にアクセスしてもらえる
  • SEO対策に役立つ

もし、既にYouTubeを活用していたり、これから活用を検討される場合はチェックが必要です。

補足的な情報を提供することができる

TikTokでは15秒から60秒程度の短い動画しか投稿できないため、商品やサービスについて詳細な説明を行うことができません。
YouTubeでは長時間の動画を投稿することができるため、商品の詳しい特徴や使い方などを紹介することができます。

より多くの人にアクセスしてもらえる

TikTokは主に若年層に人気がありますが、YouTubeは幅広い年齢層に利用されています。そのためYouTubeでの宣伝活動は、より多くの人にアクセスしてもらえる可能性があります。さらにYouTubeでの視聴数が増えることで、より多くの人に宣伝効果を発揮することができます。

SEO対策に役立つ

YouTubeには独自の検索エンジンがあり、Googleの検索結果にも表示されるため、YouTubeでの動画投稿はSEO対策にも役立ちます。
適切なタイトルや説明、タグをつけることで、より多くの人にアクセスしてもらえる可能性があります。

Instagramに誘導する

TikTokはYouTubeだけではなく、インスタグラムに紐づけることも可能です。

インスタグラムはYouTubeとは異なり、主に写真がメインのSNSですが、TikTokと併用することで4つのメリットがあります。

  • 商品の写真や詳細を提供できる
  • 商品をより魅力的に見せることができる
  • ユーザーの年齢層が近いので、訴求しやすい
  • コンテンツの再利用が可能
商品の写真や詳細を提供できる

短い動画では伝わらない商品の魅力や詳細を、Instagramでは複数の写真やテキストを活用して細かく伝えることができます。

商品をより魅力的に見せることができる

Instagramは、写真やイラストなどビジュアルを重視したSNSなので、商品をより魅力的に見せることができます。

ユーザーの年齢層が近いので、訴求しやすい

TikTokとInstagramは10代〜20代といった若年層がメインユーザーです。
そのため、Tik Tokでは多くの認知を獲得できていたのに、他のSNSに誘導したら反応がなくなったという現象が起こりにくいです。

コンテンツの再利用が可能

TikTokで作成した動画をInstagramでも使用することができるため、コンテンツの再利用が可能です。これにより、コンテンツ制作の手間が省けるだけでなく、ブランドの統一感を出すこともできます。

広告やアカウントの分析を行う

TikTokで集客を行う場合、初めの計画通りに進むことは多くありません。大抵は、思うような成果が出なかったり、伸び悩んだりといった課題に直面します。
そのため重要なのは、都度広告やアカウントの分析を行い、試行錯誤していくことです。
TikTokでは、ビジネスアカウントにすることでどのユーザーも投稿やアカウントに関するデータを確認することができます。またTik Tok広告に関しても同様にデータの確認が可能です。
そこで、TikTok活用時の分析すべき項目を5つにまとめました。

  • 広告のターゲティングを見直す
  • 広告の費用対効果を測定する
  • 広告クリエイティブの最適化を図る
  • 投稿の良し悪しを分析
  • ユーザーの興味関心を把握できる
広告のターゲティングを見直す

広告配信時に、年齢や性別、居住地などのターゲットを設定することができます。商材やサービスに合わせたターゲットに広告を配信することで効果的な宣伝につながります。

広告の費用対効果を測定する

Tik Tok広告ではクリック数やコンバージョン率などの広告効果を計測できます。
そのため、費用対効果を計測し施策として問題が無いかチェックが必要です。

広告クリエイティブの最適化を図る

広告を配信する際は、複数のクリエイティブを用意してターゲットに一番訴求できるものを選ぶA/Bテストを行いましょう。
一定期間でいくつかのクリエイティブを試し、最適化を図ることでより集客効果を高められます。

投稿の良し悪しを分析

アカウントのフォロワー数や投稿数、プロフィール閲覧数などから、ユーザーやAIに投稿が評価されているのかを分析します。
数字を獲得した投稿から、バズった要因を把握し次に活かすことでアカウントの成長を加速させることができます。

ユーザーの興味関心を把握できる

データを見ると必ず数値の偏りがあります。そこからユーザーの興味関心を把握して、今後の投稿に活かすことでより人気の投稿を作成できます。

TikTok広告アカウントの作成方法

最後にTik Tok広告アカウントの作成方法をご紹介します。
TikTok広告アカウントを作成するには、大きく2つの手順が必要です。

  • 1. 広告アカウントの登録
  • 2. ビジネス情報の登録

詳しくご説明します。

1. 広告アカウントの登録

まず最初に、TikTok広告アカウントに登録する必要があります。
以下の手順に従って登録を行いましょう。

  • 1. TikTok公式サイトにアクセスする
  • 2. “新しいアカウントを作成”をクリックする
  • 3. アカウントの詳細を入力する(メールアドレス、パスワード、国、時間帯)
  • 4. メールアドレスを確認し、ログインする
2. ビジネス情報の登録

広告アカウントを作成したら、ビジネス情報を登録しましょう。
以下の手順に沿って、設定してみてください。

  • 1. アカウントの詳細を入力する(アカウント名、言語、通貨、支払い情報)
  • 2. プロフィール情報を入力する(企業名、アイコン、概要、WebサイトURL)
  • 3. 広告アカウントを作成するために必要な情報を入力する(支払い方法、請求先住所)
  • 4. 設定を保存する
入札方式

Tik Tok広告アカウントでは4つの課金方式があります。

  • インプレッション課金型
  • 最適化インプレッション課金型
  • 再生課金型
  • クリック課金型

それぞれご紹介します。

インプレッション課金型

インプレッション課金とは、広告の露出回数(インプレッション)に応じて広告主が費用を支払う課金モデルです。
1000回の表示あたりで費用が発生し、設定時のターゲットや予算に応じて可能な限り表示されます。

最適化インプレッション課金型

最適化インプレッション課金とは、インプレッション課金のように表示回数1000回あたりで費用が決まる課金方式ですが、こちらはコンバージョンやインストールなどの目的が達成できそうな興味関心の高いユーザーを中心に表示することができます。
システムによる最適化で、広告配信の効果もを最大限に引き出すことが特徴です。

再生課金型

再生課金型広告は、広告の再生回数に応じて費用が発生する課金方式です。
秒数ごとに異なり6秒、2秒の動画再生1,000回あたりの単位で入札が可能です。
ユーザーが「スキップ」ボタンを押せば広告費用は発生しないので、より動画に興味・関心のあるユーザーに訴求することができます。

クリック課金型

クリック課金型広告とは、ユーザーが広告のリンクやアプリインストールなどをクリックした際に費用が発生する課金方式です。
広告をクリックしたユーザーは、広告主が設定したウェブサイトやアプリのダウンロードページに誘導されます。
認知獲得よりも、コンバージョンやアプリインストールを目的にする場合は効果的な課金方式です。

広告費の支払い方法

TikTok広告の費用を支払う方法は、2種類あります。
1つ目は、クレジットカードでの支払いです。TikTok広告の管理画面でクレジットカード情報を登録すると、、自動的に広告費用が請求されます。
2つ目は、銀行振込での支払いです。TikTok広告管理画面で広告キャンペーンを作成した後、銀行振込を選択して広告費用を支払います。

広告費用を支払うための銀行口座情報は、広告キャンペーンを作成する際に登録することが必要です。
なお、銀行振込での支払いは手数料がかかる場合があります。
また、広告費用を前払いすることも可能です。
前払いの場合はあらかじめ一定額の広告費用を支払い、それを広告キャンペーンで使用することができます。

まとめ

本記事では、TikTok広告動画の「宣伝方法」や「広告で得られる効果」について解説しました。多くの企業は、Tiktokを使った宣伝方法に取り組めていない企業を目にします。
拡散や効果を狙った動画を投稿する場合、Tiktokのアルゴリズムや視聴者が興味・関心を持つ動画を発信しなければ、広告からの効果は実感できないでしょう。
そのため、動画の質やクオリティを担保できるよう動画制作会社への動画制作依頼を検討することで、Tiktokを始める目的の達成に近づくと感じます。
「Tiktok広告動画で得られる効果について知りたい方」や「Tiktok広告動画を活用する施策について知りたい方」に参考してもらえたら幸いです。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]