決済手段トップ3は現金、クレジット、カード型交通系電子マネー。キャッシュレスウィークは「まったく知らない」が4割超 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2019年6月11日(火) 09:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「決済手段トップ3は現金、クレジット、カード型交通系電子マネー。キャッシュレスウィークは「まったく知らない」が4割超」 からご覧ください。

MMD研究所は5月21日、現金およびキャッシュレス決済の利用動向「2019年5月 キャッシュレスウィークとキャッシュレス利用に関する調査」を発表した。同調査によると、最も利用頻度の高い決済手段は「現金」の54.2%となり、現金以外の(クレジットカードやモバイル決済など)は45.8%だった。

また、2番目、3番目に最も利用頻度が高い決済手段は「クレジットカード」(43.9%)、次いで「カード型交通系電子マネー」(25.3%)の順となった。

「2019年5月 キャッシュレスウィークとキャッシュレス利用に関する調査」(MMD研究所)
現金とキャッシュレス決済の利用頻度
現金派のキャッシュレス決済利用は「交通系電子マネー」が最多

MMD研究所では、同調査の回答者のうち、キャッシュレス決済を最も利用すると回答した(n=442)と、現金を最も利用するとした(n=442)を抽出した本調査を実施。

その結果、キャッシュレス派の現金用割合が最も高い場面は、「自動販売機」(46.2%)となり、最も現金の利用割合が少ないのは「ガソリンスタンド」(7.7%)。最も多く利用されている場面は、「スーパーマーケット」におけるクレジットカード決済(60.4%)だった。

「2019年5月 キャッシュレスウィークとキャッシュレス利用に関する調査」(MMD研究所)
日常生活の各場面における支払い決済種別 ※キャッシュレス派

一方、現金派が現金を利用する場面は「スーパーマーケット」(86.0%)であり、キャッシュレス決済を利用割合が最も多い場面は「交通機関(交通費の支払い)」におけるカード型交通系電子マネーの55.0%だった。

「2019年5月 キャッシュレスウィークとキャッシュレス利用に関する調査」(MMD研究所)
日常生活の各場面における支払い決済種別 ※現金派
キャッシュレスウィーク「まったく聞いたことがない」が40%以上

2019年4月26日から5月6日の大型連休に実施された、キャッシュレス決済の利用促進キャンペーン「キャッシュレスウィーク」(一般社団法人キャッシュレス推進協議会)については、「まったく聞いたことがない」とキャッシュレス派の40.5%、現金派の62.9%がそれぞれ回答。「内容を知っている」との回答では、キャッシュレス派と現金派の間で13%ポイントの差があった。

「2019年5月 キャッシュレスウィークとキャッシュレス利用に関する調査」(MMD研究所)
キャッシュレスウィークの理解と認知

キャッシュレスウィークについて説明した後に行った、キャッシュレスウィーク中のキャッシュレス決済の利用意向は、キャッシュレス派と現金派のどちらも「クレジットカード」が最も高い。

「2019年5月 キャッシュレスウィークとキャッシュレス利用に関する調査」(MMD研究所)
キャッシュレスウィーク中のキャッシュレス決済利用意向 ※キャッシュレス派
「2019年5月 キャッシュレスウィークとキャッシュレス利用に関する調査」(MMD研究所)
キャッシュレスウィーク中のキャッシュレス決済利用意向 ※現金派

キャッシュレスウィーク中、キャッシュレス決済の利用率が最も高かった場面は、キャッシュレス派が「ショッピングモール」93.6%、現金派が「交通機関」66.7%だった。

「2019年5月 キャッシュレスウィークとキャッシュレス利用に関する調査」(MMD研究所)
キャッシュレスウィーク中の消費場面における決済方法内訳 ※キャッシュレス派
「2019年5月 キャッシュレスウィークとキャッシュレス利用に関する調査」(MMD研究所)
キャッシュレスウィーク中の消費場面における決済方法内訳 ※現金派

また、2019年10月の消費増税に関するキャッシュレス決済への還元策の認知率は、キャッシュレス派が60.9%、現金派が42.8%だった。※経済産業省「キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)の概要

「2019年5月 キャッシュレスウィークとキャッシュレス利用に関する調査」(MMD研究所)
2019年10月の消費増税施策とキャッシュレス還元策の認知度
調査概要
  • 調査期間:2019年4月26日~5月9日
  • 有効回答:予備調査6,388人(20歳~69歳の男女)、本調査884人(現金を最もよく利用すると回答した442人と現金以外のキャッシュレス決済を最もよく利用すると回答した442人)
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:20歳~69歳の男女
  • 設問数:9問

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:決済手段トップ3は現金、クレジット、カード型交通系電子マネー。キャッシュレスウィークは「まったく知らない」が4割超
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

池田真也
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]