加速するデジタルマーケティング~チェックしておきたい情報サイトまとめ | ネットPR.JP

ネットPR.JP - 2014年1月15日(水) 11:57
このページは、外部サイト ネットPR.JP の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「加速するデジタルマーケティング~チェックしておきたい情報サイトまとめ」 からご覧ください。
201401_y
明けましておめでとうございます。ディレクターのヨネハマです。今年の元旦は新月で、目標を立てるにはもってこいでしたが、みなさんはどんな目標を立てられましたか?私は今年もEvernoteにあれやこれやと書きとめたので、定期的に見直しながら地道にやって行く次第です。
年末年始にかけて様々なトレンド予測が発表されていましたが、今後ますます加速しそうなデジタルマーケティングについても目に留まることが多かったので、いくつか参考に情報サイトをまとめてみました。
ClickZ
ClickZ
アメリカのマーケティング・広告関連の情報ニュースサイト。ITmedia マーケティングなどでもよく記事が紹介されています。

2014年のトレンド予測として「Top 5 Digital Marketing Trends of 2014 」で下記が挙げられていました。

  • Location-based Marketing
  • Content Curation
  • Social Media Diversification (Beyond the Big Three)
  • More Video Marketing
  • Re-marketing / Re-targeting

※日本語訳はこちらご参考まで

Forbes
http://www.forbes.com/
長者番付などの格付けでも有名ですが、サイトは2010年に大きくリニューアルされ月間訪問者数は当初の2倍以上に増加。寄稿者はフリーランスのジャーナリストなど1000人以上のネットワークがありバラエティーに富んでいます。

2014年のトレンド予測として「Top 5 Digital Trends For 2014」で下記が挙げられていました。

  • Identity Based Eco-System – Digital to become about brand identity
  • Content Curation and Aggregation – The Pinterestification of digital
  • Video = Device Agnostic – Video will be the hero of 2014, and it will be everywhere
  • The 4 Screen Revolution – Screens with everything
  • Social Literacy Skills Required – Identity management for everyone
Memeburn
Memeburn
新興市場の新しいテクノロジー中心に、Web、モバイル、ソーシャルメディア、オンラインメディアなどの分野に関する記事を紹介しています。
2014年のトレンド予測として「7 top digital marketing trends to watch in 2014」で下記が挙げられていました。
  • Digital agencies will need to prioritise innovation
  • Rise of Short Video
  • B2B will find more success through education rather than conversation
  • Content marketing becomes more targeted
  • Social media data collection will come under scrutiny
  • Social marketing will combine real world and online world
  • Smartphone apps will mature
eMarketer
eMarketer
アメリカの市場調査会社。デジタルマーケティング関連の調査レポートを公開しています。
2014年のトレンド予測として「Key Digital Trends for 2014」で下記が挙げられていました。
  • Mobile moves to the center of the multiplatform landscape
  • New demands accelerate marketing to the point of instant interactions
  • “Always-on commerce” turns shopping inside out
  • Always on means always social
※日本語訳はこちらご参考まで

 

主な流れとしては下記のような感じでしょうか。
  • モバイル主流
  • ソーシャルシグナルの重要性、プラットフォームの多様化(Instagram、google+等)
  • コンテンツマーケティング
  • 動画コンテンツの活用
  • パーソナライゼーション
キーワードとしては目新しくないですが、以前「Webマーケティングの基礎をおさらい!自社サイトにとって適切な手法を利用しよう」でも現在のトレンドとして「スマート」(=スマートフォン)が含まれていましたが、昨年は制作サイドでもモバイル移行への加速度に合わせ、デザインも縦長のシングルページが増え、デザイントレンドの変化も大きく感じる1年でした。今後はよりモバイル主流色が濃くなって、新たなUIが登場したり、企画、運営側としても「場所」、「時間」がより意識されていきそうですね。
それでは皆さま今年もよろしくお願いいたします!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]