ベテランが解説!Amazon広告とは?種類と運用開始に必要な3つのこと

10年以上広告運用に携わってきたベテランが、Amazon 広告を徹底解説いたします!Amazon 広告とは、Amazon が提供している広告などを含んだプロモーションに関するツールの総称で、日本国内で使える広告メニューは5種類あります。始めるときに気を付けることから注意点まで細かくまとめました!Amazon というプラットホームが全体的に伸びているいま、チャンスを最大限に活かしていきましょう。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2008年からキーワードマーケティングに在籍し、以降10年以上、広告運用に携わっている小島です。今回はAmazon 広告について基本的なこと説明していきます。

Amazon は2020年、日本事業の円建て売上は2兆円を超え、Amazon が破竹の勢いで売上を伸ばしているのはご存知の通りです。

EC 以外の売上も含まれたり、販売手数料だけの取引もあったりするので、楽天などの他の EC と単純に比較できないのが現状です。

しかし2019年から2020年にかけて、売上高1.7兆円から2.2兆円になっており、27.9%も増加していて、ほかの EC サイトを寄せ付けない勢いです。

このような状況にあると、 EC 事業者にとって Amazon への出品はもはや無視できない存在になっています。流れに乗って、すでに Amazon に出品されている方も多いのではないでしょうか。

一方で出品はしているものの「Amazon 広告は出稿していない」という話もよく聞きます。しかし設定などは難しくなく、Yahoo! や Google で検索広告を設定・運用した経験が少しでもあれば、すぐに始めることができるのです。

Amazon というプラットホームが全体的にうなぎ上りの勢いなので、Amazon に出店・出品するだけで、この波に乗って売上を伸ばせるはずです。

出品しているのに売上が伸びていないのであれば「商品がお客さまに見つかっていない」可能性もあります。チャンスの中で機会損失を起こしていたら非常にもったいないですよね。

チャンスを最大限に活かし、お客さまに自社の商品を見つけていただくためにも、広告出稿を検討してみてはいかがでしょうか。この記事では、まずは Amazon 広告の概要をお伝えしたいと思います。

Amazon 広告とは?

Amazon 広告とは、Amazon が提供している広告などを含んだプロモーションに関するツールの総称です。

その中で、いわゆる「広告」といえるものは6種類です。ただし、現時点では「音声広告」というメニューは日本では使えませんので、日本国内で使える「広告」メニューは5種類となります。

Amazon 広告(広告を含むプロモーションツール)

上記の Amazon 広告は、基本的に Amazon に出店・出品されていることが前提であるため、Google 広告や Yahoo! 広告のように広告代理店が簡単に出稿提案できないのが現状です。

そのため代理店は具体的提案がしづらい、もしくは運用できる担当者を育てづらいという問題を抱えているかもしれません。しかし、Amazon 広告の出稿自体はけっしてハードルの高いものではありません。

技術的には、Google や Yahoo! で検索広告を設定、運用した経験が少しでもあれば、すぐに始めることができます。

Amazon 広告の種類

純粋に広告といえるもの、いえないものを含めて、Amazon 広告のメニューとして載っているものは12種類あります。以下、これらをまとめたものです。(2021年3月時点)

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]