SEO施策の成否を左右する【メタタグ】の基本と考え方を押さえよう

SEO(検索エンジン最適化)の施策を行う際、重視すべきポイントはいくつもあります。被リンクや質の高いコンテンツが、より高いSEO効果を目指すための応用技とすれば、今回紹介する「メタタグ」は、SEO対策の基礎の基礎です。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「メタタグを変更した途端SEO効果が上がり、自然検索流入が大きく増えた!」という話はあまり聞きません。

しかしSEO施策を成功させているWebサイトは、必ずメタタグを有効活用しています。なぜなら、SEOの成否を決めるのはコンテンツですあg、コンテンツの価値を十分に検索エンジンに伝えるのは「メタタグ」などテクニカルSEOの役割だからです。

>> SEO施策の成否を左右する【メタタグ】の基本と考え方を押さえようを見る

SEOにおける「メタタグ」の基本理解

Webサイトを構築するHTMLファイルのセクション内では、タイトルタグ(<title>)をはじめ、さまざまなタグを使用します。

その中の一つとして挙げられるのがメタタグ(<meta>)ですが、これはSEOにおいて必要不可欠な存在です。

Webサイトの場合には、HTMLを使ってサイトを構築する際、こうしたメタ情報を「メタタグ」を用いて記述します。

>> SEO施策の成否を左右する【メタタグ】の基本と考え方を押さえようを見る

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]