2020年のネット広告関連で起きた10のこと

弊社代表滝井による2020年のネット広告関連で起きた10のことについての記事です。昨年末に予想したことを振り返ってまとめました。ネット広告とテレビCMの差、Yahoo! と LINE の統合について、検索広告のシェア率等気になる情報満載です。”変化は常にチャンス”2021年も明るく元気に仕事をしていきたいですね!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

滝井です。

2020年も激動の1年でしたね。この記事では昨年末、大晦日に出した「2020年の予測」記事 が実際どうだったのか?という振り返りをします。

以下は上記の記事で予想した10のことです。これをもとにして2020年のネット広告関連で起きたことを振り返っていきます。

  1. ネット広告がテレビ CM との差を開いていく
  2. 検索広告が王座から2位に。群雄割拠時代へ
  3. ヤフーと LINE の統合
  4. AI 化はますます進む
  5. 画像や動画の重要さと量が増す
  6. 新しい広告媒体の台頭
  7. ツール進化で LP(ランディングページ)改善が増進
  8. SaaS 中心の B to B マーケ拡大
  9. 固有名詞検索の重要さ
  10. ネット広告規制の論議活発化

記事の続きはこちら

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]