初めてのMAツールは「Hubspot」の無料アカウントからがおすすめ!

簡単に「インサイドセールス」をまとめると、「内勤営業」を示しています。電話やメール、Web会議で顧客と関係構築を行う役割を指しています。現在のコロナ禍では、出社が規制されたり、訪問が規制されたりと従来の営業方法が難しくなっているため、最近更に注目を浴びている役割です。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

インサイドセールスとは

2019年頃から「インサイドセールス」という言葉を耳にする機会が増えましたが、ご存じでしょうか。

「インサイドセールス」とは、内勤営業のことです。電話やWebツールを使用したMTで顧客と関係構築を行う役割を指してます。

現在のようなコロナ禍では出社が規制されてしまったり、訪問営業が規制されたりと従来の営業方法で関係性を構築するのが難しくなっています。そのため最近さらに注目されてい営業方法が「インサイドセールス」です。

インサイドセールスを行うには?

インサイドセールスを取り入れて営業活動を円滑に行うには、MAツールを導入するのが一般的です。

もちろんツールを導入せずにエクセル等を利用して顧客情報を管理したり、スプレッドシートで共有したりする企業もありますが、MAツールを導入したほうがよりスムーズにPDCAを回せたり、メルマガの配信ができます。

Hubspotとは?

Hubspotはインバウンドマーケティング用のツールとして、世界90ヵ国の企業で導入されています。海外のツールですが、直感的に使用できる設計になっているため、初心者の方でも安心してはじめられます。

なぜHubspotがおすすめかというと、導入することで「ナーチャリング」や「営業

「顧客管理」が簡単にできるからです。さらに外部連携が豊富なので、マーケティングに使用しているSNSツール等とツールを連携させられます。

HubSpotの無料プランでできること

今回「Grab」記事では、HubSpotの無料アカウントでできることを紹介しています。

Hubspotに興味がある方、MAツールを検討中の方はぜひ「Grab」記事をご覧くださいませ。

>> 初めてのMAツールは「Hubspot」の無料アカウントからがおすすめ!

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Googleウェブマスターツール
同義語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]