クラウドデータベースサービス『Canbus.』とのデータ連携で経営データの見える化を実現!ノーコードデータ連携ツール「ASTERIA Warp」導入事例

ASTERIA Warpプロダクト担当による不定期連載。今回は、ASTERIA Warpを活用することで各種社内システムとCanbus.のデータ連携を実現した株式会社システナ様のASTERIA Warp導入事例をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社システナはシステムの企画・設計・開発・導入から保守・ユーザサポートまでのトータル・ソリューション・サービスの提供をする企業。中でも、クラウドデータベースサービス『Canbus.』は、ユーザフリー・月額1万円から利用可能で、業務に合わせたオリジナルアプリをノーコードで簡単に作成しデータを蓄積/共有/活用できるサービスであり、スモールスタートで「IT経営」の実現を促進できると注目されている。同社では、中期経営計画の1つにCanbus.を使った経営データの見える化を挙げているが、そのためには独立した各種社内システムとCanbus.のデータ連携が必要不可欠であった。

連携インターフェースや運用方法が異なる各種システムとCanbus.は、連携されていないか手動連携していたため、最新データを用いた分析をすることが難しかった。また、法改正等で扱う項目が変更になる就業システムや会計システムなども、迅速に対応する必要があった。さらに、システムの運用やデータ活用は部署ごとの独自のルールで行っており、中でもExcelマクロなどを用いた複雑な運用は属人化していて引き継ぎが難しい状況だった。

ASTERIA Warpを導入することで、直感的なGUIとノーコードによる開発生産性の高さにより想定された工数を1/3削減。Canbus.上で最新経営データの可視化を実現。フローに修正が必要な場合でも、修正箇所が探しやすく、誰でも対応が容易になり高い保守性を確保。さらに、場所を問わずアクセス可能なCanbus.との連携処理を自動化することで、リモートワーク推進にも貢献した。

ASTERIA Warpとのシステム概要図

ASTERIA Warpシステム概要図

今後は、「Canbus. Adapter for ASTERIA Warp」をビジネス拡大に繋げつつ、社内の属人化しがちな各部門内の業務を自動化。ASTERIA Warpの利用範囲を全社に拡大し、ノーコード技術者を育成していきたいとのことだ。

▼詳細を読む>>
https://www.asteria.com/jp/warp/case/w_systena

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]