日本人の大好きなExcelが企業活動のブレーキに?

データ連携で使い慣れたExcelを最大限に活用する、InfoteriaのASTERIA WARPをご紹介。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

あなたの会社では、どのくらいのExcelファイルが生成されているか数えたことがあるだろうか?「なんでもかんでもExcelで!」という企業文化はないだろうか? 帳票類や顧客データベースはもちろん、さまざまな業務にExcelを利用している企業は多いだろう。今や大量のExcelファイルに格納された膨大なデータを前に、業務効率の向上が阻害されているケースも生じている。

なぜ日本人はExcelが大好きなのか?

世界的に見て、日本人はExcelが好きらしい。そもそもは表計算ソフトだが、セルを方眼紙に見立てて、帳票類のフォーマットや文書作成ツールとして使っている人も少なくない。背景には、縦書きと横書きの混在といった日本語特有の事情や、手書き時代からの罫線文化、帳票の体裁を重んじる感性など、日本独特の文化があるのではないかと分析する人もいる。マイクロソフト社でも、日本人の要望を踏まえて機能強化しているという話も聞く。

こうした中、マクロ機能を駆使する卓越したExcelマスターが生まれる一方、独自の複雑なファイルが生成され続ける。いじることができないフォーマットに電卓で計算しながら数字を書き込んだり、たった一つのデータを修正するために、複数箇所で管理されるいくつものファイルを手作業で更新せざるをえなかったりなど、笑うに笑えない無駄な業務も増え続けるのだ。

社内ガラパゴス化するExcel

社内ガラパゴス化された膨大なファイル。
経営サイドから見れば、営業的に活用できる埋もれたデータがあるのではないか、無駄を省いてもっと効率的にできるのではないか、と考えたくもなる。現場も同様だ。せめて基幹系のデータベースに関わる作業時間は短縮したい。

ところが、歴史を重ねてきた部署ごとのデータベースをいざ統合しようとしても、複雑なマクロやバージョン違いの壁に阻まれてしまう。慣れた仕様を手放せないばかりに、基幹系システムが置き去りになっては本末転倒。ビジネス環境の変化に対応できず、企業活動のブレーキになりかねない。

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます https://www.infoteria.com/jp/warp/blog/asteria-warp/15597.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • なぜ日本人はExcelが大好きなのか?
  • 社内ガラパゴス化するExcel
  • おいしいところ取り=データ連携という選択
  • 1000種以上の異なるExcelフォーマットの自動入力を可能に
  • 入力は使い慣れたExcelで
  • 事業成長のスピードに負けないシステム構築環境を
  • データ連携なら業界シェアNo.1のASTERIA

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]