オムニチャネル戦略を支える、異なる環境下でのマスターデータ連携

リアルタイムに更新されるオムニチャネルデータの連携を手軽に実現する、InfoteriaのASTERIA WARPをご紹介。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

スマートフォンやタブレットが普及し、手元のデバイスで情報を収集しながら、欲しいものをその場で購入できる時代だ。実店舗(オフライン)とECサイト(オンライン)、通販など欲しいものを入手できる場所が増え、消費者はSNSなどから積極的に情報を取り込みながらチャネル間を自在に回遊し、自分にとって最適な場所で購買する。一方で提供側には、それらの境目を無くした「オムニチャネル化」が求められている。

オムニチャネルとは何か?

オムニチャネルとは、あらゆる販売、流通経路をシームレスに統合し、消費者がどこからもストレスなく商品を購入できる環境を構築すること。チャネルを増やしていく多角展開をマルチチャネルと呼ぶのに対し、オムニチャネルは、全ての販売チャネルを連携させ、戦略的に顧客にアプローチすることを目的とする。

重要なのはリアルタイムに更新される情報の連携

オムニチャネル戦略で最も重要なことは、全てのチャネルにおけるマスターデータやキャンペーン情報を統合し、一元管理することである。一瞬の販売機会を逃すことのないよう、外回りの営業マンや店舗・ECサイト運営者の誰もが、リアルな更新情報を照会できる仕組みを構築し、顧客にとって最適な購買体験を提供することが重要だ。また、統合されたデータを分析することにより、各チャネルにおけるマーケティング戦略にも生かすことができる。

しかし、こうした理想的な環境を整えることは、現実的には難しい。

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます https://www.infoteria.com/jp/warp/blog/asteria-warp/15736.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • オムニチャネルとは何か?
  • 重要なのはリアルタイムに更新される情報の連携
  • マスターデータは1か所で管理したい!
  • ECサイト出店に伴うデータ連携を2日で実現
  • 電子書籍ストア、オンライン書店、リアル書店の各システムを連携
  • データ連携なら業界シェアNo.1のASTERIA

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]