SharePointにつないでオフラインコンテンツを自動作成してみた

ASTERIA WARPプロダクト担当による不定期連携デモ。今回は、SharePointと繋いで営業報告をタブレット、モバイル端末に配信する方法をご紹介。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

SharePointといえば、マイクロソフトが提供するグループウェアで、Office365の裏側でも使われている製品です。

今回は、このSharePointにつないでみました。 やりたいことは以下の図のようなイメージです。

SharePointで承認されたExcelシートを定期的にチェックし、ASTERIA WARP経由でモバイルに配信

 

日本各地からExcelで集まってくる営業報告をSharePointに登録、全てが承認されると、まとめの資料を自動で作成し、タブレット、モバイル端末に配信します。

ExcelをSharePointに登録、ワークフローによる承認を通すところまでは、SharePoint自体の説明になってしまうので、ここでは省略します。
承認されたExcelファイルは、設定した承認済みのフォルダに登録されるように 予め設定しておきます。

さて、ここからがASTERIAで連携する部分となりますが、連携方法にはいくつかの方法が有ります。

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます
https://www.infoteria.com/jp/warp/blog/asteria-warp/12004.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]