Wi-fiルーター「Meraki」とつないで人の流れを可視化してみた

ASTERIA WARPプロダクト担当による不定期連携デモ。今回は、ASTERIAを使ってWi-fiルーターの端末情報から、人の動きを把握する方法を紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ショッピングモールや様々な展示会場では人の流れが重要になってきます。エレベータや階段、店舗の配置やトイレの 位置など、適切な配置をすることで売上にダイレクトに関わってくる重要な情報となります。

全ての建物の設計はそのようなことが考慮されて作られているかと思いますが、商業施設以外でも、工場や駅などでも人の流れをスムーズにすることで生産力の向上につながる面も多々あるかと思います。

しかし、一度レイアウトが決まってしまうとなかなかその効果を測定することは難しいのではないでしょうか?

そこで今回ご紹介するのは、Wi-fiルーターを数台設置することで端末情報を読み取り、人の動きを把握できるというお話です。

今回の分析では、例えば天気や気温によってお客様の訪問数の増減があったりするのではないかという仮説にもとづいて、気象の情報と人の流れを組み合わせて可視化してみました。(可視化にはTableauを使ってます。)

▼続きはこちらのサイトでご覧いただけます https://www.infoteria.com/jp/warp/blog/asteria-warp/22459.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]