Instagram広告の費用はどう決まる?課金方式から費用対効果をあげる5つのコツ

Instagram 広告の中でも「費用」にフォーカスして、詳しくご説明します。Instagram 広告には基本的に最低出稿金額はなく、1円から広告出稿が可能です。toCだけでなくtoBでも費用対効果が高かった配信例と併せて、費用対効果を上げるコツを5つまとめました。機会損失を抑えてコンバージョンを最大限に生み出せる CPM での配信ができるのも特徴の1つなので、トライしてみてはいかがでしょうか。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

Instagram(インスタグラム)広告には基本的に最低出稿金額はなく、1円から広告出稿が可能です。課金方式は主に CPM となっています。つまり広告表示に対して課金されます。

この記事では Instagram 広告の中でも「費用」にフォーカスして、詳しくご説明します。Instagram 広告の基本を知りたい方は【初心者でもわかる設定ガイド】Instagram広告とは?をご覧ください。

費用対効果の良い Instagram 広告

Instagram 広告で、Google の検索・ディスプレイ広告に比べ費用対効果が高かった配信例を紹介します。to C ビジネス、多品種物販での事例です。コンバージョンの定義は商品購入となります。

記事の続きはこちら

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クチコミ
情報が人から人へと口伝えにつたわること。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]