完成してみたら超遅いWebサイトなんでことはよくある。なんでそんなことになるのか。その対応方法とは。

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

喜劇のような悲劇の話であるが、完成してみたら超遅いWebサイトはよく生まれてしまう。

Webサイトの表示速度が遅いと、Googleが掲げる優良なサイトの条件に反してしまうので、検索順位は下げられてしまう。

考えてみれば当たり前だが、以下のようなWebサイトをGoogleが検索順位を下げる傾向がある。

・表示速度が遅いサイト
・検索キーワードに関連したコンテンツではない(キーワードだけ張り付いていて、内容が違うなど)
・わかりにくい・読みにくいサイト
・やたら長いサイト(昔は長い方がSEO上は良かったのだが、今はMFIというモバイルでアクセスしたときに、読みやすいか、分かりやすいかが検索順位を決めるので、長すぎるのはNGだ。誰もがスマホで長文を読みたくはないはずだ。)

なぜ上記のようなWebサイトの検索順位が下がるのか。それは、Googleという検索サービスを使ったお客様が、その検索結果であるWebページが、遅かったり、分かりにくかったり、やたら長かったりした場合、「なんだよー!Googleで検索しても良いコンテンツが検索できないじゃん」となり、Googleの検索サービスの評価が下がるからである。

(この続きは以下をご覧ください)
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3377

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]